日本語Other language

2013/06/06

有望な日本の環境技術

 政府の「環境白書・循環型社会白書・生物多様性白書」が閣議決定した。自動車に関連して、持続可能を標榜する白書は排出ガスの削減技術、次世代自動車普及対策、そして自動車メーカーの積極的な取り組みと課題を示した。

 とくに次世代自動車は、自動車産業のある意味「一丁目一番地」。常に新たな技術が構想され、具体化される。燃料電池自動車、水素ステーション、さらには2015年に商業化されるという電気自動車の新たな充電システム等々、白書とともに新たな技術がより具体的にされている。

 さらにハイブリッドの使用済ニッケル水素電池をリユース技術、あるいはニッケル水素電池から純度99%でレアアールを回収する技術など、電池処理の分野まで日本の自動車産業が貢献している。

 さらに次世代事業者が現実性をまし、日本の自動車が次世代自動車なることを期待している。石油、天然ガス、さらにシェールガスも踏めて、将来の安定供給がどうなるかが課題といわれる。しかし、エネルギー戦略は、メジャーの大手に左右される。地道な燃費削減につながる次世代自動車も有効になる。

【DANN編集長】















日刊自動車新聞  
ウラワ産業 (株)キャレック
(有)近松商会 (株)ヤツヅカ
(株)リンクスジャパン
(株)三重パーツ販売
アジアの女性と子どもネットワーク

SPN北島の自動車りさいくるというおしごと
RECOジャパン
JARA
(株)ヤツヅカ
新潟オートリサイクルセンター
昭和メタル
(有)セカンドパーツ
チャレンジ25キャンペーン
ISO9001-2008取得