日本語Other language

2013/05/02

CO2フリーになれない燃料電池車(下)

 燃料電池車の燃料である水素を得るにあたって、化石燃料の改質は本来目的と矛盾してだめ、水の電気分解も原発の取り扱いを含めてさまざまな高い障壁がある。いやいや粗鋼生産や石油精製など、原材料の製造過程で発生する「副生水素」があるだろうという人もいるが、こちらも安定供給にはつながりそうもない。

 副生水素を得るプロセスは確立されているのだが、すでに製造プラントなかに副生水素の利用は組み込まれており、脱硫などの工業原料や熱エネルギーとして利用されている。つまり燃料電池車用の水素はこれらのプラントにとっては追加的な需要ということ。プラント内を走る構内車程度はまかなえるかもしれないが、プラントの外を走る燃料電池車まで広く安定的に供給するには心もとない。

 国内で水素を入手できなければ、海外からの輸入が有力手段として思いつく。エネルギー産出国には低品位の石炭その他、未利用な化石燃料が眠っている。この利用に今はやりのCCS(CO2の回収・貯留)技術を加えて、水素製造過程で生まれるCO2を地中深く埋め戻すことができれば、理屈の上は得られた水素はCO2フリーとなる。廉価なCCS技術が確立できれば、水素の大量・安定した供給も可能だ。

 しかし、これらを日本のために受け入れてくれる国がどこかにあうのだろうか。実験的レベルは可能だ。しかし、実用的なプラントをどこかの国が受け入れてくれるとしたら、世界のエネルギー需要がひっ迫してきたことを意味することにならないのか。もちろん水素の価格も高騰するし、それ以前に未利用だった化石燃料を商品化し、利用を進める動き加速するはずだ。

 結局、CO2フリーな夢のクルマは燃料の調達のハードルが高く、夢のままで終わるかもしれない。

【DANN編集長】















日刊自動車新聞  
ウラワ産業 (株)キャレック
(有)近松商会 (株)ヤツヅカ
(株)リンクスジャパン
(株)三重パーツ販売
アジアの女性と子どもネットワーク

SPN北島の自動車りさいくるというおしごと
RECOジャパン
JARA
(株)ヤツヅカ
新潟オートリサイクルセンター
昭和メタル
(有)セカンドパーツ
チャレンジ25キャンペーン
ISO9001-2008取得