日本語Other language

2013/04/16

ITS開発でも日本の持ち出しが多い中国

 トヨタ動車は今年7月から中国・北京市で交通流シミュレーターを使った渋滞緩和の実証実験を開始する。混雑している高速道路から別の高速道路へと車を誘導し、交通流を円滑にするシステムを確立、自動車による環境負荷の低減に役立てる。

 トヨタは北京航空航天大学などとともに2011年7月から交通渋滞の緩和を目的に北京市の交通状況を予測する交通流シミュレーターの共同研究を実施してきた。この研究成果をもとに実証実験を行い、北京市交通委員会が支援する。カーナビ一体型のETC端末などの機器開発も進める。

 自動車市場であると同時にITSをはじめとした新たな交通システムの実験場としても、中国は魅力的だ。同様な北京市の自動車交通円滑化プロジェクトは日産自動車も取り組んでいる。日本車メーカーは中国側に請われるがまま最新技術の提供に熱心だ。しかし、日本車各社の中国販売は苦戦が続く。プロジェクトの成果で北京の空気が多少なりとも浄化されれば、日本への影響も軽減されるが、結果がでるのは将来の話で、現状改善の期待はできない。

 実証実験が成功すれば、開発した最新端末は当然中国製になるのだろう。日本の利益はどこにあるのか。日中互恵の経済協力とは言いながら日本の持ち出し、負担が重い。

【DANN編集長】















日刊自動車新聞  
ウラワ産業 (株)キャレック
(有)近松商会 (株)ヤツヅカ
(株)リンクスジャパン
(株)三重パーツ販売
アジアの女性と子どもネットワーク

SPN北島の自動車りさいくるというおしごと
RECOジャパン
JARA
(株)ヤツヅカ
新潟オートリサイクルセンター
昭和メタル
(有)セカンドパーツ
チャレンジ25キャンペーン
ISO9001-2008取得