日本語Other language




スーパーラインシステム沿革+++
1988年
8月
新たなビジネスモデル“在庫共有”をコンセプトに自動車用中古部品生産会社の全国コンピューター化を目指しシステム構想発足
1989年 8月 オンラインネットワークシステムを“スーパーラインシステム”と命名
11月 コンピューター導入に伴い、仕様説明・教育の開始
1990年 2月 売掛・買掛システムの導入開始
12月 スーパーラインシステムの導入開始
1991年 3月 ISDNのパケット通信を使った日本初のシステムとして、5社によるスーパーラインシステムによるオンライン本格稼動
5月 受注システムも同時進行で導入
12月 スーパーラインシステム利用 部品検索会社57社 在庫登録会社29社
1992年 3月 オンライン 月間検索回数 52,000回
月間在庫登録点数 12,600点
登録在庫点数 50,000点
10月 リビルトエンジンがスーパーラインシステムに登録される
1993年 3月 スーパーラインシステム利用会社80社
5月 スーパーラインシステム共同使用提唱
6月 スーパーラインシステム商品保証制度導入
1994年 11月 1994 年スーパーラインシステム利用会社年間売り上げ 76億円突破
1995年 7月 システム使用会社 104社
スーパーラインホスト在庫点数 29万点
1996年 9月 新ハード第 1陣導入終了(6社)
1996 年スーパーラインシステム利用会社年間売り上げ 100億円突破
1997年 7月 新ハード第 2陣導入終了(43社)
11月 システム利用在庫登録会社 100社達成
1998年 4月 新ハード第 3陣導入終了(38社)
新ハード第4陣導入開始
1998 年  スーパーラインシステム利用会社年間売り上げ 150億円突破
1999年 5月 新ハード第 4陣導入終了(38社)
11月 新ハード第 5陣導入終了
2000年   スーパーラインシステム利用会社年間売り上げ 200億円突破
2001年 11月 全国トヨタ部品共販のリサイクル部品販売のため、トヨタ自動車潟Kズーシステムとのシステム接続
2001年スーパーラインシステム利用会社年間売り上げ 250億円突破
2002年 2月 全国三菱部販のリサイクル部品販売のため、三菱自工本社へのシステム接続
日産自動車部販のリサイクル部品販売のため、日産部販へのインターネットサイト部品販売構築
日動火災への部品購入インターネットサイト構築
三井海上(現三井住友海上損保)へのリサイクル部品情報提供
あいおい損保とのリサイクル特約保険「ハートフル特約」商品化に貢献
あいおい損保全損車輌引取システム構築
富士火災全損車輌引取管理システム構築
日動火災全損車輌引き上げシステムならびに業務構築
住商オートリースリースアップ車輌引き上げシステム構築
12月 全国トヨタ共販スーパーラインシステム登録部品購入 1億円突破
スーパーラインシステム利用会社年間売り上げ 435億円突破
2003年 3 月 スーパーラインシステムの運用に関して意見が分かれ、多数の会社がスーパーラインシステムの使用を止め、システムを所有する(株)ビー・ビー・エフとの契約関係を破棄したことから、残されたシステムの創設に関わったメンバーを中心にNGPグループを退会し、新たにSuper-Line Partners Network(SPN)を結成し、同時に株式会社SPNを設立し、スーパーラインシステムの使用と創設理念を継承することにした
4月 株式会社SPN設立記念式典開催
5月 三菱商事樺携企業(蒲髢リ商会・メタルリサイクル・松山商店・葛熄骼Y業・九州メタル産業)などへのリサイクル部品業コンサルティング開始
6月 第29回オートサービスショー2003へ出展(東京国際会議場ビックサイト)
各損保及び商社へプレゼンテーション開始
2004年 1月 ARNグループと在庫共有開始(ゲートウェイ)
3月 NPO法人全日本自動車リサイクル事業連合(通称JARA)立ち上げ支援
5月 AIU・AIG保険グループ全損車輌引取体制構築
7月 一般ユーザー販売向けサイト“ RECOジャパン”オープン
12月 翼システム鰍ニの相互部品流通開始
三菱商事鰍ニの共同事業“ESA受注センター開始(大手フリートへリサイクル部品、リビルト部品の供給開始)
SSGグループ、リ総研グループが行うA-JAPAN連絡協議会に参画
2005年 4月 フィリピンの工科大学にてスーパーラインシステムの説明講演
SSGグループ会社へのシステム導入開始
5月 オリックス自動車鰍ネどへのリサイクル部品供給開始
6月 第30回オートサービスショー2005へ翼システム鰍ニ共同出展(東京国際会議場ビックサイト)
7月 リ総研グループ会社へのシステム導入開始
8月 豊田通商出資会社潟Gコライン、潟rッグウェーブ、鰍rPNにてリサイクル部品相互販売提携発表
11月 BSサミットグループへのリサイクル部品供給開始
12月 13日・・潟Gコライン、鰍rPN、潟rー・ビー・エフの3社は潟Gコラインが開発・運営管理をしている「エコラインシステム」と、潟rー・ビー・エフが開発し鰍rPNが運営管理している「スーパーラインシステム」を統合し、廃車の引き取りからリサイクル部品流通及びELV処理迄を含む新システムを『スーパーエコラインシステム』として共同開発することに合意した。
このシステムの開発については、約半年後に完成、実稼動の予定。
15日・・潟Gコライの運営するエコラインシステムとスーパーラインシステムを統合し、スーパーエコラインシステムとして2006年6月にも運用開始することに合意する
システム使用会社  74社(12月末現在)
システム接続会社 184社
2006年 2月 第1回SPN基礎研修会開催(東京八王子市)
3月 3団体合同ニュース「環境流通新聞発刊」
商品情報案内「トレーサビリティ」システム開発
4月 第1回SPN生産管理者研修会開催
3団体リサイクル部品相互流通合同発表会開催(東京:錦糸町)
7月 商品情報確認システム「トレーサビリティサービス」開始
3団体フロント名刺交換会開催(大阪・東京・札幌)
8月 第1回SPN経営者研修会開催(三重県鈴鹿市)
9月 42カ国語対応SPN翻訳サービス開始
第1回4団体(エコライン・ビッグウェーブ・SPN・ARN)合同基礎研修会開催(広島県福山市)
2007年 1月 東京オートサロン出展(千葉:幕張)
SPNクラブ新年例会(大阪:ジャパンリビルト様)
2月 (株)SPN 名古屋分室設置(潟rッグウェーブ内)
相互流通4億円突破(開始後9ヶ月)
会員向け販売状況データ配信開始
第1回実務者リーダー研修会開催(東京:晴海)
4月 韓国オートエコ社提携記者会見(東京:丸の内ホテル)
SPNコンプレッサー販売開始
5月 SPNクラブ総会(千葉:東京ベイ幕張)
南ブロック第1回実務者研修会開催
北ブロック第1回実務者研修会開催
韓国環境部自動車リサイクル視察団25名引率
6月 JARA(全日本自動車リサイクル事業連合)東京国際会議出席・北島社長講演
第1回経理実務者全国研修会開催(東京:大崎)
(株)Gインターナショナル「くるデパ」サイトとの提携発表
7月 第3回SPN基礎研修会/第1回日韓合同基礎研修会(仙台:泉が岳)
8月 フィリピン 第1回マニラ国際モーターショーに出展
世界の子供にワクチンを日本委員会」向けワクチンプロジェクト開始
9月 上海 中国・韓国・日本合同「アジア循環型環境フォーラム」発起
11月 第1回 マニラオートサロン「SPN賞」協賛設置
第1回 ELV機能追加発表(日刊自動車新聞)
ロシアJAPANCAR社との提携発表(第20回SPNクラブ総会)
12月 ジャプラ「CO2プロジェクトグリーンポイントクラブ」参加調印
2008年 10月 第1回4団体合同打合せ
第1回トップマネージメント研修会修了式出席
「日本・中国・韓国アジア自動車環境フォーラム」第1回韓国大会出席
 (韓国ソウル)
11月 オーストラリア 自動車リサイクラーズ国際会議(コフスハーバー)
12月 「第2回アジア自動車環境フォーラム日本」準備委員会会議発起
2009年 4月 環境大臣への陳情出席
5月 コベルコ建機株式会社「資源リサイクル会」パネラー出席
7月 18日・・オーストラリアASV社と業務提携
11月 11-13日・・第2回アジア自動車環境フォーラム開催(仙台・東北大学)
12月 14-15日・・韓国資源循環協会訪問・株式会社オートエコ社訪問打合せ
2010年 8月 (株)スーパーライン東北 100%子会社化
10月 (株)ネッツビル様とコラボレーション「SPN-EasyAuc」
(ヤフーオークション大量出品システム)構築
11月 5日・・ビッグウェーブ、エコライン、RECOジャパン 連動スタート
11月 15日・・ISO9001認証取得
2011年 4月 東日本大震災 被災車両移動・引上ボランティア活動実施
 (2011年4月〜2012年3月末)
6月 (株)トヨタユーゼック様へのSPN部品情報提供
9月 ブロードリーフとのシステム連携事業
11月 3グループ ハイブリッド研修会(トヨタ自動車大学校)


++SPN・エコライン・ビックウェーブと相互販売提携

この度SPNはエコライン・ビックウェーブと自動車リサイクル部品販売業務で提携いたしました。
3社間で相互販売協力契約を締結し、リサイクル部品の需要喚起と市場拡大を図り、又、使用済み自動車の適正処理についても情報交換、提供を行いリユース、リサイクル率の向上に努めてまいります。


 

















日刊自動車新聞  
ウラワ産業 (株)キャレック
(有)近松商会 (株)ヤツヅカ
(株)リンクスジャパン
(株)三重パーツ販売
アジアの女性と子どもネットワーク

SPN北島の自動車りさいくるというおしごと
RECOジャパン
JARA
(株)ヤツヅカ
新潟オートリサイクルセンター
昭和メタル
(有)セカンドパーツ
チャレンジ25キャンペーン
ISO9001-2008取得